読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポリッシュの「在庫あり」ならコチラっ♪サフィールノワールを買うならココ♪おすすめ

ノワールのワックスの艶はKIWIの硬質な艶と比べると、濡れたような奥深い艶です。パレードグロスは厚塗り出来ますが!こちらのポリッシュは厚塗りしようとすると!下地の部分も溶けてしまいますので!厚塗り→磨きでは鏡面にするのは難しいです。写真は新品のクロムエクセル革と!ニュートラルで3回ハイシャイン作業をした後の比較です。

コレです!

2017年01月31日 ランキング上位商品↑

サフィール ノワール ポリッシュ おすすめSaphir Noir(サフィール ノワール) ポリッシュ 50ml【あす楽対応】(鏡面磨きにおすすめ)

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

高いので☆4つ。磨きがいありですよ。色も豊富ですので!薄い色の靴にトゥからグラデーションを付けるような磨き方も出来ると思います。今まではキウイを使っていましたが、こちらのほうが落ち着いた光沢が出ると噂を聞き購入しました。ハイシャイン用に購入。また、ハイシャインにしなくても落ち着いた光沢が出ますので、磨き方を工夫すればいろんな表情を作れると思います。ハイシャインは革の表面をつるつるに磨くのではなく!革の表面につるつるのワックス被膜を作る作業です。パレードグロスとの比較では!顔料の量がパレードグロスのほうが多いように感じます。ポイントは薄く塗って、しっかり乾かしてから磨く、それを繰り返すことだと思います。その点については何処のメーカーでも一緒ですが、KIWIの方が光らせやすい気がします。こちらの商品は、リピートしそうです。KIWIも使ってましたが、その日の気分によって使い分けてます。パレードグロスは鏡面仕上げの後、革のシボは見えませんが、こちらのポリッシュはシボが見えます。自分好みのワックスです。輝きが増して、良かったです。ですが、仕上がったときの艶感は、パレードグロスが硬質な感じでピカッと光るのに対し、こちらは水の膜が出来たように、深さのある光り方になります。この製品で下地を作り、その上に同じくサフィールノワールのミラーグロス、仕上げにまたこの製品を使うと、上品に輝きました。高級感があって良いですね。パレードグロスの上に重ねる場合も、パレードグロス自体を溶かしてしまうので、注意が必要です。もともと靴磨きは好きなほうでしたが!ますます楽しくなりました。その他の差があるとすれば臭いです。溶剤を揮発させながら!水でワックス分を固めつつ研いでいくイメージです。。パレードグロスに比べると柔らかく、鏡面にするのはパレードグロスよりも難しいです。好みがありますので、どちらが良いとは断言できませんが、上手に鏡面仕上げが出来たときの艶感は、こちらの商品のほうが私は気に入っております。今までは無色のポリッシュはパレードグロスを使っていましたが!先日購入した商品の艶が気に入りましたので!無色も追加購入しました。おっと、価格の差もありました。先日3色購入しまして!この度は無色を購入しました。サフィールノワールのポリッシュは!そのまま使うと少々柔らかすぎるため!ただいまふたを開けて乾燥させてます。一回り小さくなったころが使いやすい。とても品のある光沢でした。当然何度も何度も繰り返せばワックスの被膜が厚くなり!よりつるつるになります。確かに、しっとりつややかな光沢で、キウイがピカピカだとすると、こちらは艶やかって感じです。KIWIは石油系用溶剤の臭い、こちらは蜜蝋の匂い?好き嫌いはあるかも知れませんが、石油溶剤の臭いより好きです。